2010年02月10日

あごはもともと脂肪がつきやすい場所

あごはもともと脂肪がつきやすい場所なので、二重あごの解消・引き締めには、マッサージと一緒にダイエットや食生活の改善も必要です。

食生活を改善をして二重あごを解消しようと思う場合は、食物繊維の多い野菜・果物を摂ることはもちろん、鶏肉の皮・豚足・赤身の肉・牛筋など、コラーゲンを多く含む動物性たんぱく質を摂るようにします。二重あご解消のために、柔らかい食べ物よりも、固い食べ物を食べることを心がけ、咀嚼回数を増やすようにします。二重あご解消ダイエットや食生活の改善は、毎日続けることが大切です。

二重あごに加え、額のシワやまぶたのたるみも気になる方は、額から眉毛の上にある筋肉「前頭筋」と、眼の周りにあり、まぶたの開閉に使われている筋肉「眼輪筋」を動かすように意識しながらエクササイズをします。二重あごと一緒に、口角や頬の顔痩せもしたいなら、口角を上げる働きをする「頬筋」と、口角と頬を上げて大きく笑う時などに使う「大頬骨筋」を意識しながらエクササイズします。二重あごと一緒に顔痩せもしたいし、口の周りのシワも気になるという方は、唇を取り囲んでいる「口輪筋」と、食べ物を噛む時に使う「咬筋」を意識しながらエクササイズをするといいでしょう。

最近あごに吹き出物ができて困ってます。
何か良い方法はないですかね?
タグ:二重あご
posted by ひろし at 15:26| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

しみを改善するために、美白効果のある化粧品

しみとは、顔面、特に額・頬・上口唇などに左右対称性にみられる褐色斑のことです。医学用語では「肝斑(かんはん)」といい、女性に特有のものとされています。他に、中年期以降、顔面や手の甲など日光に当たる部分にできるしみもあり、これは「老人性色素斑」と呼ばれます。この場合は老化に伴う現象なので病気ではありません。

しみの数には個人差があります。いずれもかゆみなどの自覚症状はありません。ほとんどのしみは、加齢によるものです。

しみを改善するために、美白効果のある化粧品を使ってみたりするのも手です。他に、美容外科などでしみの治療を受けることで、しみを薄くしていくことも可能です。

しみの改善には、化粧品などの外側からのアプローチだけでなく、食事やサプリメントでの栄養補給・適度な運動といった内側からのアプローチも必要です。例えば……暴飲暴食や偏った食事が続くと、内臓は疲れてしまいます。そうなるとメラニンが増えるのだそうです。つまり、しみになりやすいというわけです。したがって、バランスの良い食事を心掛けることが大切になります。

コスメ通販販売店
posted by ひろし at 17:31| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。